オートメーション

Trouble viewing this video? Click Here

オートフレックスR837 オートメーションサンプラー

密度・比重・屈折率・旋光度及び色彩計・pH計の完全自動化が可能です。

  • 測定開始ボタンを押すだけで接続された機器より、密度値・比重値・屈折率・旋光度・比旋光度・色彩度・pH値など自動的に測定を行い、測定結果は試料IDと共にLIMSへ送信可能です。
  • サンプルバイアルの種類も豊富です。標準的には16mmφx100mmチューブを最大50本(5つのバイアルラック)の他、使用中のバイアルをそのまま利用できるカスタムラックもご提供可能です。
  • バイアルラックも加熱タイプ・常温タイプとの混在も可能となり、加熱導入が必要な試料と同時に測定が可能です。
  • 測定モードは吸引モード・加圧圧送モード、洗浄リンス溶液として3種類まで利用することができ、バイアルごとに指定、ラックごとの指定などメソッドのの組合せは自由自在です。

Smart Sample Loading Technology

スマート サンプルローディング テクノロジー

  • Smart Technology™ スマートテクノロジー™ は自動的にサンプリングのポンプスピードを調整し、粘性の低い試料から最大36,000mPa-s(cP)までの高粘度試料まで自動的に調整し送液を行います。
  • 加熱ラックオプションは原油から高粘度オイル類・ワックス系試料を自動処理可能です。
  • 複雑な操作は一切不要です。測定メソッドでの指定は試料送液モード(吸引モード・加圧圧送モード)の指定と洗浄溶液の指定及び最終工程の乾燥時間の指定のみです。
  • 手動測定と同等の測定精度と再現性を実現します。

オートフレックスについての更に詳細はコチラ

ECS(Easy Clean System) ECSシングルサンプリングシステムは
各装置との組合せで高効率な測定をご提案

ECSサンプリングシステムの特徴

  • 測定間のクリーニング工程をより完全に行い、測定精度を高めます
  • 試料溶液導入を完全自動化
  • クリーニング及び乾燥工程を試料溶液に合わせプログラム可能です
  • 自動液面検出機能により洗浄溶媒の不足や廃液ボトルの満量を検出します。
  • 測定者へのトレーニング(教育)は最小限で済みます
  • 貴重な試料もお任せください。最小1.5mlからハンドリング可能です
  • 試料溶液の容器をECSの前に用意し、スタートボタンを押すだけで全てをナビゲートしてくれます。
  • 加熱導入サンプリングもオプションでご提案可能です。
  • 試料導入から測定・クリーニング・乾燥工程までを2分から5分のサイクルタイムで処理できます。
  • 省力化による効率化で生産性の向上をご提案します。

ECSサンプリングシステムは測定からクリーニング、測定結果の記録まで完全に自動化し、測定結果のレポート出力の印刷から社内LIMSへのデータ出力まで煩雑なSOPの管理や熟練度を必要とせず、どなたでも試料溶液の準備が整えば完全な測定結果をお約束します。