J157

J157 シリーズ屈折計

この1台からすべてのアプリケーションに

選ばれ続ける理由とは

様々なニーズに応える選択が可能に

定評あるクリーニングしやすいフラットなサンプルエリアを二種類用意

スタンダード サンプル ディッシュ

試料量をより少なくし、揮発性溶媒などにも最適

ウルトラ フラット プリズム

水溶液系が多く、より素早くクリーニングできる

目的に合わせて選べる二つのモデル

J157HA (High Accuracy)

高い精度で測定したいアプリケーションに最適な高精度モデル

  • Rl: 1.33 – 1.53
  • RI: ±0.00002(下5桁)

J157WR (Wide Range)

多様な試料を扱うアプリケーションに最適な広範囲モデル

  • Rl: 1.29 – 1.63
  • RI: ±0.0001(下4桁)

ファンネル付きプレッサーで生産性の向上

ファンネルタイプのプレッサーは、ビーカーなどの試料容器から直接注ぐだけで測定できます。

同一試料のロット違いの製品管理や製造工程の工程管理などに最適です。

ファンネル部、測定部ともにメンテナンスも簡便で、分解や洗浄もしやすく、測定効率が飛躍的に向上します。

1台で3種類の操作パネル

ユーザーの声に応えて採用した変幻自在のインターフェイス※最新ソフトウェアは日本語表示

スマートメジャー

多種多様な測定を求められる環境に最適です。測定温度や溶液の粘性や揮発性、屈折計の挙動をリアルタイムでモニターし、測定完了までサポートします。

また、サンプルエリアのクリーニングの状態も監視され、コンタミネーションを最小限に抑えるなどヒューマンエラーを低減できます。

ロード アンド ゴー

特に品質管理分野で威力を発揮します。雇用形態が多様化する測定環境でも、メソッド選択、ゼロ測定、試料測定だけの操作で測定が完了し、だれでも迷うことなく測定完了までの手順を簡素化できます。

測定効率がなによりも求められる現場では、シンプルなインターフェイスが最適です。

トレンド アナリシス

化学工業・半導体分野では、原料受け入れ管理や原料から合成を行う工程管理、エッチング溶液やメッキ液などの薬剤では使用開始からの汚染管理による交換時期の判断などにも応用可能。

強酸系のエッチング溶液用に強酸溶液対応のサンプルエリアもオプションで対応できます。

Windows Embedded による使い慣れたインターフェイス

セキュリティに優れた組み込み専用のOS、Windows Embedded を採用。LANポートとUSBポートを装備し、LIMSへのデータ出力も可能

J157の魅力を動画で紹介

YouTube を観られない場合は こちらから ダウンロードしてください